PR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

低位株のデメリット

【低位株投資のデメリットとは?】

一番のデメリットは、

“経営不安というリスクがあり、最悪の場合倒産の可能性がある”


低位株とは、株価の低い銘柄をいいますが、株価は企業の通信簿のようなものなので、
株価が低いということは成績が悪いということです。
まずはこの部分を肝に銘じておかねばなりません。


最悪の場合には、その企業が倒産、ということも有りうるかもしれませんが、
競争が非常に激しい時代ですから、優良企業ですら倒産してしまうということも十分にあり得ます。


株価の低い低位株ですが、しかしこれは現在までの状況から評価された価格なのです。大化けした銘柄を見てみると、100円以下がほとんどであり、やはり大化けするのは低位株からだという事実が、莫大なキャピタルゲインの匂いを生んでいるのです。


■ポイント~低位株のデメリットとは

○ 経営不安というリスクがあり、最悪の場合倒産の可能性がある


スポンサーサイト

2006年08月19日 低位株を知る コメント:1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。